読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこシロの谷根千お散歩

台東区谷中のシロから食い意地たっぷりな情報をお届けします。『ガイドブック買わないで済むね』と思っていただけることを目指し毎日(今のところ)更新中。

贅沢!和栗尽くし 和栗や

3月3日ひな祭りですね!

今回はひな祭りにちなんで、女性に人気のスイーツをご紹介します。

 

一昨日ご紹介した谷中メンチ『肉のサトー』の向かいにあるのが『和栗や』です。

こちらもよくテレビや雑誌に取り上げられています。


f:id:Shiro-yanaka:20170302233548j:image

 

国産和栗100%なだけでなく、生クリームも北海道産を使うなど、国産の素材にこだわったスイーツが食べられます。

 店舗はこちらだけなので、ここ谷中でしか食べられません。

店内喫茶では、個性的なモンブランパフェを提供しています。

 

f:id:Shiro-yanaka:20170303000653j:image

 

いちごを使ったメニューは季節限定です。

f:id:Shiro-yanaka:20170303000733j:image

  

店内喫茶はあまり広くないので、土日は行列必至です。特に女性客の姿が目立ちます。

待つのは大変なので、すぐ買える和栗ソフトクリーム500円が人気です。

f:id:Shiro-yanaka:20170302233716j:image

 

まだ寒い3月にソフトクリームはちょっと辛い・・・

ということで、今回はもう1つの名物和栗シュークリーム500円をご紹介します。

f:id:Shiro-yanaka:20170302233855j:image 

 

店内に入り『和栗シュークリームをテイクアウトで』と頼むと、箱に入れて渡してくれます。


f:id:Shiro-yanaka:20170302234455j:image


f:id:Shiro-yanaka:20170302234537j:image

生菓子なのでは賞味期限は当日まで。

原材料へのこだわりを書いたシールが貼ってあります。

f:id:Shiro-yanaka:20170302234744j:image

箱をオープン

f:id:Shiro-yanaka:20170302234921j:image


掌に乗るぐらいの一般的なシュークリームの直径なのですが、クリームがたっぷり入っているせいで、高さがあります。


f:id:Shiro-yanaka:20170302235406j:image

 

メンチカツの反省を活かして、今回は断面写真をご用意。

シュー皮の中に、和栗クリームと真っ白の北海道生クリームが二層になっています。

シュー皮は、ややしっとり目。
f:id:Shiro-yanaka:20170302235614j:image

 

さつまいもを使った黄色いモンブランクリームとは全く違う味わい。甘ったるさゼロの、和栗の優しい風味豊かなスイーツです。

栗好きの方はぜひお試しください!

 

○和栗や

谷中銀座内

JR日暮里駅  徒歩6分(550m) 

月曜定休

http://waguriya.com/tokyo.html