読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらぺこシロの谷根千お散歩

台東区谷中のシロから食い意地たっぷりな情報をお届けします。『ガイドブック買わないで済むね』と思っていただけることを目指し毎日(今のところ)更新中。

金土の夜は2ヶ月先まで満席!吉田類さんも放浪した居酒屋 鳥よし

江戸の空気を残した下町の活気溢れる谷中。

最近でこそオシャレなレストランが増えましたが、ずっと昔からこの地に根ざしているステキなお店がたくさんあります。

 

今日ご紹介するのは、昭和28年創業の居酒屋さん『谷中鳥よし』。

吉田類さんの『酒場放浪記』などにも紹介され、谷根千を代表する居酒屋さんです。『鳥よし』という名前から「焼き鳥屋さんかな?」と思いがちですが、海鮮がお得意なのです。
f:id:Shiro-yanaka:20170430225156j:image

こちらは冬季限定(10~4月)のあんこう鍋。

お鍋のシーズンは特に予約困難で、3ヶ月前に予約してギリギリ4月末に食べることができました。
f:id:Shiro-yanaka:20170430225810j:image

どーん!とあん肝が乗っています!

あんこうの身もたっぷり。なんとこれで1人前2,500円。2~3人で食べるなら、1人前で充分ですよ。


f:id:Shiro-yanaka:20170430224819j:image
お刺身盛り合わせ1,500円。

新鮮で量もしっかりあって、これで1,500円はお得です。シメサバも程よく油が乗っていて、酸味控えめの上品な味付け。
f:id:Shiro-yanaka:20170430230210j:image

くりから焼き 1本300円。

うなぎの細かい身を、タレで串焼きにしたものです。これも油が乗っていて身がシットリで美味。

 

個人的にぜひ頼んでいただきたいのが、こちらのニラ卵350円↓
f:id:Shiro-yanaka:20170430230720j:image

濃厚なお出汁が絡んだトロトロの卵に、細か~く刻んだニラが甘みを添えています。

「ホテルフレンチのメニューですか?!」と聞きたくなるほど、繊細かつ華麗なお味でした。


f:id:Shiro-yanaka:20170430231507j:image

鯵のなめろう 650円。どんどん日本酒が進んでしまいます・・・

 

冬季はあんこう鍋が有名ですが、夏季(5~9月)はハモしゃぶが楽しめます。珍しいスッポン鍋なども予約することができますよ。

 

ご参考までにメニュー写真をご紹介。(2017年4月撮影です。価格や内容は変わる可能性もありますので、あくまでも参考としてご覧いただけたら幸いです)↓
f:id:Shiro-yanaka:20170430232128j:image
f:id:Shiro-yanaka:20170430232141j:image

本日のオススメ黒板。
f:id:Shiro-yanaka:20170430232459j:image

席はお座敷とカウンターのみ。

靴を脱いでもOKな服装がオススメです。
f:id:Shiro-yanaka:20170430232530j:image

お客さんの層は40~70歳ぐらいで、比較的男性が多いです。お店はあまり広くないので、少人数での来訪がオススメです。

全席禁煙というところも、純粋にお酒と食事を楽しみにしているお客さんにとってはありがたいポイントです。 

 

親子三代でお店を守り続けて60余年。媚びることなく、誇りを持って寡黙に『仕事』をしている姿がステキです。(NHK「プロフェッショナル」のテーマが聞こえてきそう)

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

○谷中 鳥よし

東京都台東区谷中3-14-6

電話 03-3823-6298

JR日暮里駅から徒歩9分(750m)

※全席禁煙

日曜定休ですが、貸切も多いので来店の際は事前に予約することをお薦めします。

お店のホームページに、営業日と貸切・満席状況が表示されています↓

http://www.yanakatoriyosi.com

食べログ

https://s.tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13054593/