はらぺこシロの谷根千お散歩

台東区谷中のシロから食い意地たっぷりな情報をお届けします。『ガイドブック買わないで済むね』と思っていただけることを目指し毎日(今のところ)更新中。

生姜のトリュフその名も『谷中』 ショコラトリー イナムラショウゾウ

昨日ケーキをご紹介したショコラトリー イナムラショウゾウ。

今日はチョコレートトリュフをご紹介します。
f:id:Shiro-yanaka:20170527010720j:image

黄色いパッケージが可愛いですね。チョコレートのブラウンが際立って美味しそうに見えます。

f:id:Shiro-yanaka:20170527011257j:image

ショーケースに並んでいるチョコレートトリュフから、好きなものを3つ選んで詰めてもらいました。それぞれ1粒300円でした。

f:id:Shiro-yanaka:20170527011358j:image

箱の大きさは15cm×4cmぐらいです。お日持ちは1週間とのことでした。

 

それでは1粒ずつご紹介していきます!
f:id:Shiro-yanaka:20170527011524j:image

『谷中』300円。

ザ・谷根千みやげなネーミングですね!表面に入ったラインは、谷中銀座の『夕焼けだんだん』の階段をイメージしたデザインなんだそうです。 
f:id:Shiro-yanaka:20170527012714j:image

 こちらがその『夕焼けだんだん』。トリュフ左上の金箔は、夕焼けの太陽を意識しているのかな?私の勝手な想像です。

うん・・・うん、チョコの表面が階段にみえ見えてきたぞ・・・(無理矢理)

 お味の説明はこちら↓
f:id:Shiro-yanaka:20170527012916j:image

生姜とミルクチョコレートを合わせたトリュフ。生姜という和の素材を使っているところに、江戸の下町である谷中の風情を感じます。

サダハル・アオキでもワサビのチョコレートが有名ですし、和素材のチョコレートがたくさん見られるようになってきましたね。


f:id:Shiro-yanaka:20170527011610j:image

こちらは『まっ茶』300円。

左上に抹茶が乗せられていて凛とした佇まい。美しいです。

お味の説明はこちら↓
f:id:Shiro-yanaka:20170527013325j:image

抹茶は宇治抹茶を使っているのですね。ミルクだった『谷中』と対象的に、こちらはダークチョコレートを表面に使っています。

 

最後はこちらです。
f:id:Shiro-yanaka:20170527014442j:image

プラリネノワゼットキャラメリゼ 300円。

ナッツやプラリネが大好きな私には、名前を聞いただけで「これって絶対美味しいでしょ!」とヨダレが出そうです。
f:id:Shiro-yanaka:20170527014325j:image

こちらはミルクチョコレートベース。『キャラメリゼしたヘーゼルナッツのプラリネを・・・』のくだりを読んだだけで、香ばしさが想像できます。

 

 同封されていたトリュフの説明書の全体写真はこちらです↓
f:id:Shiro-yanaka:20170527014552j:image

保存は『18℃以下の冷暗所保管』とのことなので、これからの暑い夏はあまり長い時間持ち歩かない方が良さそうです。
f:id:Shiro-yanaka:20170527015001j:image

お店がJR日暮里駅近くにあるので、帰り際に買うのがオススメです。店内喫茶でコーヒーと一緒に楽しむのも良いですね!

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○ショコラトリー イナムラショウゾウ(チョコレート専門店)

東京都台東区谷中7-19-5

JR日暮里駅西口から徒歩3分

営業時間 10:00~19:00

電話 03-6802-5501