はらぺこシロの谷根千お散歩

谷根千に住む地元民ならではの、本当に美味しい情報をお届けします。谷根千観光のお役に立てることを目指し毎日(今のところ)更新中。

ペットボトルで手軽に楽しめるリキッドアイスコーヒー『やなか珈琲 谷中店』

みなさま1週間お疲れ様でした! 

今週も暑かったですね、学生さんはこれから夏休みでしょうか。ついに谷中も、毎日セミの鳴き声が聞こえるようになりました。 

 

こんな暑い毎日には、キンキンに冷やしたアイスコーヒーが欲しくなりますね。
f:id:Shiro-yanaka:20170721233025j:image

こちらは『やなか珈琲』のアイスコーヒーです。

以前、来客のおもてなし用としてガラスボトルのアイスコーヒーをご紹介しました。

(ハワイ カウアイ島のアイスコーヒー『やなか珈琲』のボトルコーヒー)↓

http://shiro-yanaka.hatenablog.jp/entry/2017/06/26/211342
f:id:Shiro-yanaka:20170721233527j:image

今回は自宅用のカジュアルなペットボトルのアイスコーヒーです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234038j:image

リキッドアイスコーヒー 1000ml 560円。

ガラスボトルのものが720mlで1320円なのに比べると、かなりリーズナブルです。

違いはボトルだけではなく、コーヒーの産地にもあります。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234516j:image

ペットボトルのものは『配合生産国ブラジル』と書いてあります。ガラスボトルのものはハワイのカウアイ産の豆を使っていました。

確かにお味も違います。

ガラスボトルのカウアイ産アイスコーヒーはコクが強く、カフェオレにしても負けないようなしっかりと濃いお味。酸味や苦味が抑えられ、まろやかな風味でした。あまり氷を入れず、ゆっくりと少しずつ味わいたいアイスコーヒーですね。

一方ペットボトルのブラジル産アイスコーヒーは、サラサラすっきりとした淡白なお味。酸味と苦味がやや感じられるのですが、ストレートでゴクゴク飲むにはぴったりの爽やかさです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234823j:image

高さは約28cm。1リットルあるので、ボトルも大きめです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234721j:image

キャップの根元に、やなか珈琲のタグがついています。
f:id:Shiro-yanaka:20170721235132j:image

裏面に何か書いてるかな?と思ったら無地でした。
f:id:Shiro-yanaka:20170721235214j:image

 自宅用に購入したところ、長細いビニール袋に入れてくれました。冷えた状態で渡してくれています。その分、結露でビニールに水滴がつきますのでご注意ください。
f:id:Shiro-yanaka:20170721235440j:image 

ビニール袋には、やなか珈琲のレトロなマークがプリントしてあります。 

帽子をかぶったネコがホットコーヒーをふぅふぅしています!メイド姿のお嬢さん、目の前にいるのにネコに目を合わせようとしないクールガール。ちょっと微笑ましいですね。

暑い夏にぴったりのアイスコーヒー、ぜひお試しください!

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○やなか珈琲 谷中店

よみせ通り内 

JR日暮里駅から徒歩8分(650m)

午前10時~午後8時

 第三木曜定休

http://www.yanaka-coffeeten.com/index.htm