はらぺこシロの谷根千お散歩

台東区谷中在住のシロから食い意地たっぷりな情報をお届けします。『ガイドブック買わないで済むね』と思っていただけることを目指し毎日(今のところ)更新中。

夏のお楽しみ!ひんやり美味しいアイスチョココロネ『ブーランジェリー イアナック』

懐かしい気持ちにさせる、コロリと可愛らしいシルエット。
f:id:Shiro-yanaka:20170725232619j:image

そう、チョココロネです!
f:id:Shiro-yanaka:20170725232633j:image

チョココロネと言っても、ただのチョココロネではありません。『アイスチョココロネ』です。
f:id:Shiro-yanaka:20170725233103j:image
購入したのはお馴染みの『ブーランジェリー イアナック』。

夏真っ盛りになり、冷たいパンメニューを押し出しております。
f:id:Shiro-yanaka:20170725233212j:image
店先の黒板にも『大人気!チョココロネ』と書いてあります。これは買うしかありませんね。

店内のアイスショーケースに入れて販売していました。なんと残り1個でした!危ないところでした。ちなみに時間は15時頃でした。
f:id:Shiro-yanaka:20170725233519j:image

アイスチョココロネ 148円。
ビニール袋にくるまれて販売されています。
f:id:Shiro-yanaka:20170725233542j:image

可愛いマスキングテープでとめられています。
f:id:Shiro-yanaka:20170725233616j:image
長さ10cmほど。ちょっと小ぶりで丸々しているところが可愛らしいですね。
f:id:Shiro-yanaka:20170725233715j:image
クリームの口はビニールで押さえてあります。

ひんやりしたチョコクリームが口でとろけて、幸せな気持ちになります。外側のパンは表面がカリッと香ばしく焼けており、サクサク感が楽しめます。
大人も子どもも大好きなチョココロネ。冷やされているだけで、新鮮な気持ちになりますね。ぜひお試しください!

 


☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

ブーランジェリー イアナック

JR西日暮里駅から徒歩3分

営業時間 8:30~売り切れ次第終了

不定休

http://www.ianak.com/news/

初めての味わい!梅を使ったビール『ビアパブイシイ』

1週間のスタートする月曜日、みなさまいかがお過ごしでしたか?

 

先週末、久しぶりにビアパブイシイへやって来ましたのでそのご報告をさせてください。

人気店ですのでいつも混雑しており入れない日が続いていたのですが、土曜日の22時頃空席を発見。カウンターのすみっこに滑り込みました。
f:id:Shiro-yanaka:20170724235647j:image
 ハウスIPA  ハーフパイント700円。

 長野県のブルワリー、志賀高原ビールのものだそうです。イギリス産の最高級ホップであるマリスオッターを100%使った、何とも贅沢なビール。

ホップの香りが強く、飲んだ瞬間コクのある深い味わいが広がります。印象的なのが飲み込んだ後です。口から鼻にかけて豊かな香りが長く残り、ゆったりとした余韻を楽しめます。口に入れ飲み込んだ後までの味わいの変化が複雑で、何度も口に含んでしまいます。

『また飲みたいなぁ~』とウットリするような1杯でした。
f:id:Shiro-yanaka:20170724235654j:image

2杯目はこちら。日本物語エール ハーフパイント650円。

静岡県のベアードブルーイングのビールです。なんとこちら、梅を使ったビールです。梅サワーに着想を得たというのですから面白いですね。ほんのり梅ジュースのような味がする、初めての味でした。
f:id:Shiro-yanaka:20170725005219j:image

22日土曜日のメニューです。

こちらは毎日仕入れているビールが違うので、あくまでも参考としてご覧いただけたら幸いです。
f:id:Shiro-yanaka:20170725004354j:image

裏面にフードメニューがあります。

次来たらタコライスを食べたいですね。スパイシーでとっても美味しいので夏にぴったりなのです。

ごちそうさまでした~!

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○ビアパブイシイ

よみせ通り内

西日暮里駅から徒歩5分(450m)

月曜定休

予約不可

クレジットカード不可

 ホームページの情報がとても丁寧です↓

 http://www.beerpub-ishii.com

昨日オープン 九州の美味を集結させたSHOP&CAFE  『九州堂』

今日はお昼過ぎからにわか雨がパラつき、昨日よりも涼しい1日でした。

ドラッグストアへの買い出しでテクテク歩いていたところ、よみせ通りの延長に新しいお店を発見しました。
f:id:Shiro-yanaka:20170724010226j:image

開店祝いのお花が目立っています。

昨日22日にオープンしたばかりだそうです。
f:id:Shiro-yanaka:20170724010424j:image

その名も『九州堂』。
f:id:Shiro-yanaka:20170724010546j:image

九州の名産品を集めたショップのようです。スタッフの方に聞いてみたところ地方自治体が運営するアンテナショップではなく、完全にオリジナルでやっているお店だそうです。ここ一店舗のみの品揃えが楽しめます。
f:id:Shiro-yanaka:20170724010927j:image

みずみずしい黄緑色が爽やかなアスパラ。
f:id:Shiro-yanaka:20170724010957j:image

かぼす果汁のボトル500ml 1080円。

豚しゃぶにかけたりお酒にいれたり、色々便利そうですね。
f:id:Shiro-yanaka:20170724011201j:image

大分県のゆず胡椒432円。同じ価格でかぼす胡椒もあります。
f:id:Shiro-yanaka:20170724011350j:image

私が気になったのは、鹿児島県のお醤油です。関東のお醤油と違って甘みがあって美味しいですよね。
f:id:Shiro-yanaka:20170724011556j:image

刺身醤油 540円を購入しました。

200mlというミニサイズなので、数ヶ月で使いきれるちょうど良い量ですね。

夏は暑くてお料理する気力が起きず、お刺身に頼っているので良いものを見つけました。

裏面に説明が掲載されています。
f:id:Shiro-yanaka:20170724011714j:image
f:id:Shiro-yanaka:20170724011737j:image

7月23日に購入して、賞味期限は平成30年12

月5日でした。かなり長いお日持ちですね。

ガラスではなくペットボトルなので、軽くて持ち帰りやすいです。
f:id:Shiro-yanaka:20170724011917j:image

 お店の奥ではカフェが併設されています。

九州野菜などを使ったプレートランチなどが楽しめます。また、ソフトクリームも販売しているそうです。
f:id:Shiro-yanaka:20170724012038j:image

オープンしたてホヤホヤのお店。目印はグリーンのビルです。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○九州堂

東京都文京区千駄木3-40-16

東京メトロ千駄木駅 徒歩3分

JR山手線日暮里駅 徒歩10分 

営業時間 9:00~18:00

月曜定休

TEL  03-5809-0273

https://m.facebook.com/CAFEkyushudo/
f:id:Shiro-yanaka:20170724012241j:image


f:id:Shiro-yanaka:20170724012254j:image

 

オバケだぞ~!キッズも海外の方も大興奮『妖店通り商店街2017』

今日は夏休み始まって最初の週末!ということで、各地で花火大会やお祭りラッシュになっていましたね。

電車の中では浴衣姿のカップルをたくさん見かけました。

谷中も負けておりません!
f:id:Shiro-yanaka:20170722233943j:image

可愛らしい浴衣ガール!と思いきや、ただの浴衣ガールじゃありません。

妖怪の浴衣ガールです。

 

谷中の『よみせ通り商店街』の名前をもじって、2014年から『妖店(ようみせ)通り商店街』というお祭りをやっています。
f:id:Shiro-yanaka:20170722190835j:image

夏休みシーズンということもあり、こどもが楽しめるイベントがたくさんあります。

妖怪が出てくるヒーローショーや、キツネのお面の絵付け体験などができます。絵付けしたお面をかぶってよみせ通りを練り歩く『子狐パレード』もありますよ。

f:id:Shiro-yanaka:20170722191133j:image
f:id:Shiro-yanaka:20170722191149j:image

タイムテーブルも載っています↓
f:id:Shiro-yanaka:20170722191203j:image

 1日の締めくくりにあるのが『乾杯百鬼夜行』。

妖怪が飲み物を片手に、道ゆく人々と乾杯を交わしながらよみせ通りをパレードします。
f:id:Shiro-yanaka:20170723001751j:image
妖怪パレードが近づいてきたー!
f:id:Shiro-yanaka:20170723002430j:image
『乾杯!』

 カメラを構えていると、ポーズをきめてくれます。なかなかフレンドリーな妖怪です。
f:id:Shiro-yanaka:20170723002540j:image

 ちょっとブレてしまいましたが、灯籠さんも乾杯ポーズをしてくれました。

乾杯といっても、かぶりものをしているので妖怪ご本人は飲めません。暑いだろうに、ちょっぴりかわいそう。

『乾杯することで、見ている人たちと一体感を楽しむ』ことが目的のようです。確かにハイタッチをするような盛り上がり感があります。
f:id:Shiro-yanaka:20170723002626j:image

先ほどの浴衣ガールも!よく見ると重箱にお花がついていて可愛いですね。
f:id:Shiro-yanaka:20170723003055j:image

ほかにもたくさんの妖怪が通ります。

海外からの観光客らしき方々も、カメラを片手に『ヘーイ!』と声をかけていました。
f:id:Shiro-yanaka:20170723004420j:image

妖怪おみこしもあります。バラエティー豊かな妖怪を見ているだけで楽しめます。
f:id:Shiro-yanaka:20170723005127j:image

子どもにも優しいナイスな妖怪です。記念撮影にも快く応じていました。

夏休みの子どもが楽しめるように、怖すぎたり露出が多かったりする扮装は参加制限がもうけられています。

 

よみせ通りの町並みに妖怪が溶け込む夕暮れ。

夏休みのワクワク感を思い出しますね!

1日限りのお祭りなので今年は終わってしまいましたが、来年もきっとよみせ通りに妖怪が現れるはず。ぜひ訪れてみてくださいね。

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○妖店(ようみせ)通り商店街

https://www.youmise-event.com

Twitter:  @youmisedori

ペットボトルで手軽に楽しめるリキッドアイスコーヒー『やなか珈琲 谷中店』

みなさま1週間お疲れ様でした! 

今週も暑かったですね、学生さんはこれから夏休みでしょうか。ついに谷中も、毎日セミの鳴き声が聞こえるようになりました。 

 

こんな暑い毎日には、キンキンに冷やしたアイスコーヒーが欲しくなりますね。
f:id:Shiro-yanaka:20170721233025j:image

こちらは『やなか珈琲』のアイスコーヒーです。

以前、来客のおもてなし用としてガラスボトルのアイスコーヒーをご紹介しました。

(ハワイ カウアイ島のアイスコーヒー『やなか珈琲』のボトルコーヒー)↓

http://shiro-yanaka.hatenablog.jp/entry/2017/06/26/211342
f:id:Shiro-yanaka:20170721233527j:image

今回は自宅用のカジュアルなペットボトルのアイスコーヒーです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234038j:image

リキッドアイスコーヒー 1000ml 560円。

ガラスボトルのものが720mlで1320円なのに比べると、かなりリーズナブルです。

違いはボトルだけではなく、コーヒーの産地にもあります。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234516j:image

ペットボトルのものは『配合生産国ブラジル』と書いてあります。ガラスボトルのものはハワイのカウアイ産の豆を使っていました。

確かにお味も違います。

ガラスボトルのカウアイ産アイスコーヒーはコクが強く、カフェオレにしても負けないようなしっかりと濃いお味。酸味や苦味が抑えられ、まろやかな風味でした。あまり氷を入れず、ゆっくりと少しずつ味わいたいアイスコーヒーですね。

一方ペットボトルのブラジル産アイスコーヒーは、サラサラすっきりとした淡白なお味。酸味と苦味がやや感じられるのですが、ストレートでゴクゴク飲むにはぴったりの爽やかさです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234823j:image

高さは約28cm。1リットルあるので、ボトルも大きめです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721234721j:image

キャップの根元に、やなか珈琲のタグがついています。
f:id:Shiro-yanaka:20170721235132j:image

裏面に何か書いてるかな?と思ったら無地でした。
f:id:Shiro-yanaka:20170721235214j:image

 自宅用に購入したところ、長細いビニール袋に入れてくれました。冷えた状態で渡してくれています。その分、結露でビニールに水滴がつきますのでご注意ください。
f:id:Shiro-yanaka:20170721235440j:image 

ビニール袋には、やなか珈琲のレトロなマークがプリントしてあります。 

帽子をかぶったネコがホットコーヒーをふぅふぅしています!メイド姿のお嬢さん、目の前にいるのにネコに目を合わせようとしないクールガール。ちょっと微笑ましいですね。

暑い夏にぴったりのアイスコーヒー、ぜひお試しください!

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○やなか珈琲 谷中店

よみせ通り内 

JR日暮里駅から徒歩8分(650m)

午前10時~午後8時

 第三木曜定休

http://www.yanaka-coffeeten.com/index.htm

 

谷中生姜入りの冷やしあめでスッキリほっこり『飴細工 吉原 谷中店』その④

17日から続いております『あめ細工 吉原』のご紹介。本日で最後となります。

『あめ細工 吉原』では、あめ細工体験以外に、ひやしあめなどのテイクアウトメニューも楽しめます。
f:id:Shiro-yanaka:20170721014441j:image
店先にひやしあめの紹介がはってあります。

ひやしあめ』とは、水飴(麦芽糖)を溶かしたものに生姜を絞り入れた冷たいドリンク。関西地方では良く知られているようです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721014509j:image

お店の左側にある、小さな窓とカウンター。
f:id:Shiro-yanaka:20170721020644j:image

 こちらで注文することができます。
f:id:Shiro-yanaka:20170721015040j:image

定番の谷中生姜入りひやしあめは380円。

ほかにもレモン入りのソーダタイプもありますね。
f:id:Shiro-yanaka:20170721015142j:image

 さすが呑んべえの多い谷中、カクテルタイプのひやしあめもあるようです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721015254j:image

あめ細工体験の後に、定番の谷中生姜入りひやしあめを買ってみました。

見た目は明るい褐色。飛び出ている緑色のスティックは、ストローじゃありませんよ!
f:id:Shiro-yanaka:20170721015434j:image

 緑色のスティックの正体は、谷中生姜でした。鮮やかな色と生姜の香りが食欲をそそります。もちろんこの生姜も食べられますよ。
f:id:Shiro-yanaka:20170721015331j:image

氷が入っており、よく冷えています。

『水飴を溶かしたドリンク』と聞きモッタリと重たい液体なのかと想像していたのですが、意外にもサラサラとしたドリンクでした。

味は懐かしいべっこう飴の甘さ。それに生姜の香りが加わっています。谷中生姜の先端をかじりながら飲むと、爽やかさ倍増。

生姜の効果で夏バテも吹き飛びそうです。ぜひお試しください!

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○あめ細工 吉原 谷中店

東京メトロ千代田線千駄木駅2番出口から徒歩6分
JR山手線日暮里駅西口から徒歩12分

よみせ通り商店街沿い

東京都台東区谷中3-18-6 
営業時間 月・木・金11:00~18:00
     土・日・祝10:00~18:00
飴細工体験会がメインの営業となります。
(実演販売はおこなっておりません)

定休日 火・水曜日(祝日は営業)

http://ame-yoshihara.com/shop/shop.html

捕獲されたウサギあめ『飴細工 吉原 谷中店』その③

 一昨日から続いている『飴細工 吉原 谷中店』のご紹介。もう少し続きます!お付き合いいただけたら幸いです。
f:id:Shiro-yanaka:20170721004318j:image

私が作ったモンスターウサギたち。
f:id:Shiro-yanaka:20170721012602j:image

改めて見て、その不器用さに笑いがこみ上げてきます。ゆがみまくりですが、それもなんだか愛嬌に感じてきますね(親バカ)

f:id:Shiro-yanaka:20170721012955j:image

 あめ細工体験では、1人3回まであめ細工に挑戦できます。

素材が熱く柔らかいうちに形を整えないといけないので、かなりスピード感を求められます。素材が柔らかいのは3分ぐらいの短い時間で、それを過ぎるとパキパキに固まります。
f:id:Shiro-yanaka:20170721013122j:image
固くなるとウサギの耳や手足が折れやすくなるので、このようにビニール袋に包んで持って帰ります。
f:id:Shiro-yanaka:20170721013428j:image

 そのビニール袋の上からさらにパックを被せ、ぶつからないように梱包します。
f:id:Shiro-yanaka:20170721013532j:image

パックは輪ゴムでとめます。
f:id:Shiro-yanaka:20170721020242j:image

『くそっ捕まっちまったゼ・・・』
f:id:Shiro-yanaka:20170721013550j:image

最後に紙袋に入れてくださいます。サイズはA4ぐらい。中身は飴3本なので軽いです。
谷中銀座でメンチカツなど食べ歩きされる予定でしたら、少し荷物になると思います。あめ細工体験は、観光スケジュールの後半に組み込むのがオススメです。

ぜひお試しください!

 

☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました!また遊びに来ていただけたら嬉しいです☆

 

○あめ細工 吉原 谷中店

東京メトロ千代田線千駄木駅2番出口から徒歩6分
JR山手線日暮里駅西口から徒歩12分

よみせ通り商店街沿い

東京都台東区谷中3-18-6 
営業時間 月・木・金11:00~18:00
     土・日・祝10:00~18:00
飴細工体験会がメインの営業となります。
(実演販売はおこなっておりません)

定休日 火・水曜日(祝日は営業)

http://ame-yoshihara.com/shop/shop.html